2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2017.02.09 (Thu)

てんぷら あら谷

今までの記事(2012年2014年)では、天ぷら「荒谷」さんと書いていたのですが、
いつからか「あら谷」に変わっていたらしく…(汗)
今回からちゃんと直します。

で、久々の夜天ぷら。
6000円のコースです。

1杯目は冷酒で。

P1110677 (323x430)

ラベルがはがれてしまったのか…
何かなーとよく読んでみたら、裏側にはちゃんとラベルありました^^;

澤屋まつもとの守破離(山田錦)

サラダと付け出し。

P1110678 (430x323)

大根おろしとシラスのサラダ、付け出しは煮物。
牡蠣や肝や白子など、これだけでお酒がたくさん飲めてしまう…

で、早速てんぷら。

まず出てきたのは、鱚。

P1110680 (430x323)


そして…

P1110681 (430x323)

こちらはなんと、筍!
一足先に春。。。柔らかい、筍。いい香り…。

海老。

P1110684 (430x323)

海老、もう一つ。大葉巻き。

P1110685 (430x323)
(頭もあとからやってきました)

牡蠣。

P1110686 (430x323)

ぷりぷり、絶妙。


ふきのとう。

P1110688 (430x323)

春の味第二弾!
嬉しくなりますね♪


アマダイ、ワカサギ。

P1110689 (430x323)

アマダイはうろこがパリッと、身がふわんふわんで、
食感の違いも美味しかったです。


そうそう、お酒は熱燗へ。

P1110691 (323x430)

ちょっと天ぷらのペースが速くて(まぁ猫舌だからいいんですけど)、2品乗っちゃってますけど、

P1110693 (430x323)

ワカサギの後は、小フグ。

コースの最後は、穴子でした。

P1110694 (430x323)

追加で頼んだのが、蓮根と椎茸。

P1110696 (430x323)

蓮根を揚げるときって、火の通り具合が難しそうだけど、
さすがーって感じの加減でした。。。おいしかった♪



23:49  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.09.10 (Sat)

宮古島⑧ 郷家

3日目の晩ご飯。郷家(ごーや)

P1110104 (300x400)

民謡居酒屋。
沖縄音楽が楽しめるお店ってことで選びました♪

1杯目はやっぱりオリオンの生。(もう写真はいいかな・・・笑)
付け出しは、サラダバーです、とのことで、わしわしとお野菜をお皿に盛る私たちでした。

予約していたので、席には「んみゃ~ち ○○さま」の札が^^
「んみゃーち」っていう言葉、宮古であちこちみかけましたが、
「いらっしゃいませ」の意味だそうです。本島だと「めんそーれ」ですね。

お料理は、らふてーのゴーヤチャンプル。

P1110094 (300x400)



お刺身 (赤マチだったっけ)

P1110096 (400x300)


みみがー

P1110095 (400x300)

紅イモと田芋のコロッケ

P1110097 (400x300)

ん~~美味しかった♪

飲み物は、もちろん泡盛。

P1110098 (300x400)

飲み食いしてる家に、ライブの時間になりました。
CDも出されているという男性と、女性。お名前がよく聞こえず(><)

三線と、太鼓とか三板(さんば)で、ノリノリだったり、時にはしっとり。
踊り方を教えてもらい、お店の中お客さん、スタッフの方も輪になり、踊ったりして
(「くいちゃー」というのだそうです)したりして、楽しかったです。

IMG_5044 (300x400)

で、のど乾いたのでシークワーサー泡盛。

P1110102 (400x300)

〆には、宮古焼きヤキソバ。

P1110103 (400x300)

人気メニューだそうです。
とっても美味しかった~!

大きなお店だったけど大入り満員で、お誕生日のお客さんにみんなで
歌ってお祝いしたり、わきあいあいな雰囲気で楽しかったです^^


09:41  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.08.30 (Tue)

宮古島⑤

とうとう最終日です。。

まずは、漲水御嶽にお礼のご挨拶。
猫ちゃん達が3,4匹いたので猫ちゃんにもご挨拶・・・

そして、近くにある史跡を見学しました。

仲宗根豊見親の墓

P1110112 (500x375)

豊見親(とぅみゆ)とは、宮古島で地方を治めた親方、首長、英雄という意味。
仲宗根豊見親は15世紀から16世紀に宮古の首長をつとめた人物で、漲水御嶽もこの方が造られたそうです。

お墓の敷地の中に井戸みたいなもの(降り井)がありました。

隣には、知利真良豊見親の墓

P1110114 (500x375)

知利真良豊見親は、仲宗根豊見親の三男。

ご挨拶がすんだら、出発まで遊ぶぞ~
って向かったのは、与那覇前浜。
宮古島で一番のビーチです。

この日が一番天気がよかったです。
ちょっと悔しいけど、最後の1日だけでも青空が見れてよかったかも。

朝早く行ったので人も少なかったですが、さすが東洋一美しいビーチといわれているビーチ。

P1110120 (500x375)

来間大橋が見えます。

P1110122 (500x375)

水もほんとにキレイ。

P1110127 (375x500)

ゆっくりしたかったな~~


で、次は遠く見えた来間大橋を渡り、来間島へ。

P1110130 (500x375)



竜宮城展望台からの眺め。

P1110135 (500x375)

P1110137 (500x375)

さっき歩いた与那覇前浜が見える景色は本当に海の色が美しいです。


長間浜。

こんなとこにビーチが?

P1110146 (375x500)

P1110154 (500x375)


人がいないけど、こちらのビーチもなかなか素敵でした。


AOSORAパーラーで一休み。

P1110164 (400x300)

トロピカルスムージーとマンゴースムージー。

P1110162 (400x300)

マンゴースムージーはマンゴーが濃くて大満足♪
トロピカルスムージーもいろんなフルーツがミックスされているのでこちらも美味しい。

来間島は、小さいけどカフェや雑貨屋さんがたくさんあって楽しいです。
もっとゆっくりしたかったけど・・・

帰り道、来間大橋のたもとからの眺め。

P1110165 (500x375)

与那覇前浜の白砂が見えます。

IMG_5111 (500x375)

橋の上からでも海底の珊瑚がキレイ。



最後の食事は、やっぱり宮古そば。
古謝そば屋。

P1110172 (400x300)

11時半頃についたのですが、人気店なのですでに行列。
数十分まち、ようやく座ることが出来ました。

P1110173 (400x300)

そばセットと、てびちそば。

P1110174 (400x300)

P1110175 (400x300)

スープもあっさりめで好み♪
てびちもおいしかったです~
じゅーしーも、具だくさんだったし。
セットはお得。

本島のそばより、ちょっと細い宮古そばのほうが、もちもち感を感じました。
どっちも美味しいけど、pelotaは宮古の麺が好きかも。

急いで食べたけど、まだまだ待ってる人はたくさんいて、
さすが人気店だなーと思いました。

で、かなりぎりぎりで空港にすべりこんだのでした

また来たい。

P1110186 (400x300)




22:26  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.05.16 (Mon)

東京&川越 その3

蔵造りの街並みが観光できるエリアに近づくと、
人ももっと増えてきました。

途中、こんなオブジェがある喫茶店で冷たいもの食べて休憩。

P1100765 (300x400)

鳥獣戯画のカエルはいいけど、パンダ・・・
って思ってたら、パンダのほうがが家族連れには人気でした^^;


いよいよ蔵造りの建物が立ち並ぶ町並み「一番街」へ。

P1100768 (400x287)

この写真だと、けっこう歩きやすそうですが、
かなりの人出でした。

P1100788 (400x258)

P1100783 (400x300)

こんな感じの蔵造りの建物がたくさん並んでいて、とても楽しかったです。
「蔵造り資料館」では、中に入ることもできました。

蔵造り以外にも、こんなレトロな洋館も残っていて。

P1100784 (300x400)

P1100801 (400x300)
(ちょうどお祭りの日でたくさんの鯉のぼりとか)


お昼は、ちょっと遅めの
時間に予約しておいた、「陶路子」(とろっこ)さんへ♪

川越はさつまいもも名物で、
こちらの「さつまいもミニ懐石」は、本当にさつまいもづくし。

P1100792 (400x300)

いもカクテル(梅酒ベース?)かいも茶
いもコロッケのそうめん揚げ
いもうどん入りいもグラタン
いもがらと油揚げの煮物
野菜マリネ 揚げいも
おさつもちの揚げ出し
さつまおこわ
香の物
おさつ汁
さつまいものデザート(後から出てきました、さつまいものアイスでした♪)

いも好きにはたまらない~って感じだったのですが、
ボリューム満点で、全部食べ切れませんでした(><)
でも美味しかったです。


・・・で、川越にはシンボル的な建物、「時の鐘」と呼ばれる時計台があるのですが。

これがなんと、耐震化工事中!

P1100780 (300x400)

ううう、不覚…。

ほんとはこんな感じ。

tokinokane01 (300x225)

鐘の音も聞けなかったし…
残念でした。

残念といえば、あちこちのお店でお芋のお菓子を食べ歩いていたのですが、
お芋だけに、お腹がふくれる感じで…

本当はまだ食べたいものがあと2つはあったのに、断念せざるを得ませんでした…

とはいえ、念願の川越、しっかり楽しめました♪

近かったら何度でも行きたいなー。








23:36  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.09.07 (Sat)

ダメな酒専門商さま

西条の酒屋で、
朝日町の酒屋で、
近所の酒屋で、
ダメな酒専門商である、

私たちの日本酒の世界を広げてくれた、
酒屋さんのご主人…掛井さんの訃報を知った時は、
もう葬儀に間に合いませんでした。

いつもバイタリティーあふれてて、たくさんの素敵なお仲間がいらして、
ほんとに魅力的な、素敵な方でした。

ここのとこお店に行ってもお見かけしないなーと思ってはいたのですが、
いろいろとお忙しい方だったので、またどこかの蔵元へ行かれてるのかな??
なんて思っていました。

春にお誘いいただいてたお酒の会が中止になったこと。
その頃から、ご家族の方以外には誰にも知らせず、
病と闘っておられてたなんて…

この街で暮らすようになって、いい酒屋はないかと探していて、
素敵なお店をみつけて、こっそり書いてたブログもばれちゃって(笑)
お酒の会にも声をかけていただいたりして、

ずっとずっとこんなふうにお付き合い出来ると思っていたのに。







その日は雨が降っていて、なんだか肌寒くて、
掛井さんを通して知り大好きになった「玉川」を燗にして、
泣きながらご飯を食べました。



素敵な縁を次々と広げていく方だったと思います。

私たちは短いお付き合いでしたが、こんなに悲しくてさみしいのに、
もっと深くて長いお知り合いの方はどれだけの辛さだろう…



ほんとにほんとに、信じたくない気持でいっぱいです。




今日は、やっとdexと一緒に掛井さんに会いに行くことができました。

やっとちゃんとお別れができて、奥さまともお話ができて、
ちょっとだけ心が落ち着きました。


そして、掛井さんのインタビューが載っている、この本を
購入させていただきました。

P1040903.jpg

「酒屋の群像」 → ☆☆☆
素敵な本です。この本を作ってくださった方に感謝です。
掛井さんの想いはつながっていく…と思いました。


掛井さんと出会えたことは、私たちの宝物です。

本当にありがとうございました。





22:16  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
 | HOME |  NEXT