2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.10.20 (Tue)

鍋島 

ひやおろしの季節ですね♪

「鍋島」 純米酒ひやおろしハーベストムーン(右)

091017-1

pelotaの実家、佐賀のお酒です。
佐賀のお酒にしては辛口。好きな感じ❤


となりのは「天山 岩の蔵」純米酒。
こちらは口当たりが甘いです。

で、この日のテーブル。

091017-5

メニューは、

☆シメサバ
☆おからとレンコンのローフ
☆おかのりのおひたし
☆大分名物 とり天
☆栗と銀杏の白和え


091017-3

シメサバは、NHKのガッテンレシピで作ってみました。
まず砂糖で〆て、塩で〆て、最後に酢で〆るというレシピ。

こんな作り方で?!って半信半疑でしたが、ほんとにしっとりシメサバになりました。
あまり酢がきつくなくて好きなお味でした。

こちらが「おからとレンコンのローフ」

091017-2

すりおろしたレンコンとヤマイモに、
おからと、炒めたにんにく・みじん切りの舞茸、お味噌などを混ぜて、
型に入れてオーブンで焼きます。

ぱさぱさすぎず、もっちりすぎず、素朴な味だけどなかなか美味しかったです。
マスタードをつけていただきました。

そしてとり天~ と、おかのりの天ぷら。


091017-6

とり天は、下味をつけた鶏肉を天ぷらにするのですが、
下味がついていて、なおかつ衣をつけてあげるからか、
胸肉でもとってもジューシーで美味しかったです。

「おかのり」は、アオイ科で「冬葵(ふゆあおい)」の変種で、
葉を乾燥させて火であぶると海苔に似た食べ物になることから名付けられたそうです。

okanori

天ぷらがおすすめとあったのですが、
普通におひたしのほうが好きだったです。
茹でたら、モロヘイヤみたいに葉がぬるっとして、くせは全然なくて食べやすかったです♪


そして、栗と銀杏の白和え。

091017-4

法事のお食事のときに出てきた一品で、とっても美味しかったので真似っこしてみました。
小さくきざんだ煮たお揚げもはいっています。
このときは、なめらかでクリーミーな白和え衣がいいので、
いつもは手でががーっとまぜる私もブレンダーを使ってクリーム状にしてみました。

秋を感じられるお料理です♪




テーマ : 日本酒 - ジャンル : グルメ

22:21  |  日本酒(その他)  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

はじめまして~

美味しそうで・・・写真見ながらご飯たべれそうです
また遊びにきますね~
花あじさい |  2009.10.20(火) 22:42 | URL |  【編集】

★花あじさいさま

はじめまして~☆

コメントありがとうございます!
ぜひぜひまたいらしてくださいませ♪

私もうかがいます~
pelota |  2009.10.21(水) 18:36 | URL |  【編集】

鍋島

な、なんですか?鍋島のハーベストムーン・・・
えらくコジャレた名前を考えますなぁ!
普通のヤツは飲んだことあるけど、とっても気になる!!
yakitori |  2009.10.26(月) 09:21 | URL |  【編集】

★yakitoriさま

夏バージョンでは「summer moon」もあるらしいですよ!(笑)

鍋島、佐賀のお酒の中でも、なかなか気に入っております。

pelota |  2009.10.26(月) 20:38 | URL |  【編集】

毎度!
この〆鯖の作り方は面白いですね~。
酢、砂糖、塩をばらばらに使うんですね。
色合いといい、私の好きなタイプの半生鯖ですね。
おかのりも初めて知りました。
我が家の農園で作ってみたいです!
酒恋倭人 |  2009.10.26(月) 21:29 | URL |  【編集】

★酒恋さま

こんばんは~!

私も、酢がきついのより、
こういう半生鯖が好きなんです~!

ガッテンレシピは意外すぎてなかなか手が出なかったのですが、
今回思いきって採用してみました。
身がしっとりしますね。よかったですよ~。
pelota |  2009.10.27(火) 19:30 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://riopelota.blog73.fc2.com/tb.php/127-636c78a6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |