2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.02.03 (Wed)

節分2010

今日は節分。

巻き寿司丸かじりって、子供のころはなかったけど、
最近はすっかり節分=巻き寿司になっています。

で、今年はアナゴを入れよう!と思って、
煮アナゴを買おうと思ったら…
2匹で680円とか!! 高ーーい(><)

これはあきらめようと立ち去ろうとしたその時。

対面コーナーにちゃんと開いた生アナゴがあるじゃないですかー。
それも1匹180円。

実は自分であなごを煮たことがなかったのですが、
この金額の差に、挑戦する気になりました。

にょろーん

100203-1

かなり皮がぬるぬるなので、塩でごしごし洗い、
熱湯にくぐらせてから、煮ていきます。

100203-2

ここまで前の日に作ってました。

キッチンにおいてたら、dexに狙われてました…(笑) ダメっ。


巻き寿司、巻くの難しい…

100203-6

すごいはみ出てて汚くてすみません。
具は、煮アナゴ、えび、玉子焼き、しいたけ、大葉。

今日の晩ご飯。

☆巻き寿司
☆豆っぽいサラダ(ひよこ豆、枝豆、コーン、人参)
☆豆団子と焼きキャベツ 
☆お味噌汁

100203-5

豆まきはしなかったけど、なにげに豆を取り入れてみました…笑


「豆っぽいサラダ」

100203-3


「豆団子と焼きキャベツ」は甘辛醤油あんで。

100203-4

最近、焼き白菜とか焼きキャベツにはまっています。

ざくっと切って、フライパンにオリーブオイル入れて蒸し焼きにするだけなんですが、
すごく野菜が甘くなって美味しいー。

で、焼きキャベツに、こないだの豆団子を一緒に、
ちょっと和風バージョンでいただきました。

和風でも美味しい♪♪


・・巻き寿司、全部丸かじりはつまらないので、
(断面を見てみたかった)切ってみました~


100203-7


具が真ん中じゃないし。…具、多すぎ?^^;


明日は立春。
でも、まだまだ寒いです。






テーマ : 作ってみた - ジャンル : グルメ

22:03  |  イベントご飯  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

毎度!
いやいや!素晴しいアナゴ巻きですよ。
切り口も綺麗だし、旨そうです。
丸かじりなんてもったいないですよ。
恵方まきは、恵方を見て黙って食べるより
家族で笑顔で食べる方が幸せです!
この寿司で日本酒が飲みたいね~!!
酒恋倭人 |  2010.02.04(木) 20:46 | URL |  【編集】

凄い!!
自分で穴子を処理して煮付けて
更に海苔巻きにするなんて!!
偉すぎる!!キレイだし!!
アタシには無理だー
っていうかうちの海苔巻きひどい事になってたからな…
これを分けて欲しい~!
節分ってまめ料理を何となく作りたくなりますよね。笑
はと団子のこの食べ方いいなー
美味しそう~!
コナ |  2010.02.05(金) 08:09 | URL |  【編集】

★酒恋さま

こんばんは~!

> 恵方まきは、恵方を見て黙って食べるより
> 家族で笑顔で食べる方が幸せです!

ほんとほんと!そうですよね~。
黙って食べるとか無理でしたー(笑)

あちこちで巻き寿司を拝見しましたが、
うちのはどうもご飯の量が多いような・・^^;

巻き寿司で日本酒、もいいですね♪

> この寿司で日本酒が飲みたいね~!!
pelota |  2010.02.05(金) 23:59 | URL |  【編集】

★コナさま

こんばんは!

アナゴの処理・・といっても、
もうすでに開いてあるものだし^^;

コナさんの裏巻き(っていうんですね!)のほうがよっぽどすごいですよー!
ちょっと洋ものは、裏巻きのイメージ。

巻き物って、どのくらい「ぎゅっ」としたらいいのか、
難しいですよね。
あんまりきつく締めると固くなっちゃいそうだし…。

> はと団子

うふふ。「はと団子」この呼び名いいですね♪
クミンが入ってても、お醤油OKなんじゃーん!って、
ぱくぱくいただいちゃいました。
pelota |  2010.02.06(土) 00:08 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://riopelota.blog73.fc2.com/tb.php/170-510aa5cf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |