2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2011.09.24 (Sat)

京都2011 ①

台風が日本へ近づいている中、9/18~20で京都に行ってきました。
(第一の目的は…最終日なのでまた後ほど)

広島からは2時間くらい、10時前に京都についたらすごく暑かった…。

宿に荷物を預けて、早速向かったのは、醍醐寺。

2011daigo-1

桜が有名だけあって、桜の木がたくさん、とても大きなしだれ桜もありました。
さぞかしきれいだろうけど、人も多そうだな…(笑)

三宝院です。

2011daigo-2

説明をしてくださる方がいて、建物やお庭についてお話をお聞きしました。
お庭もとても素敵だったのですが、内部はすべて撮影禁止。
ちょっと残念…

五重塔。国宝だそうです。

2011daigo-4


弁天堂。

2011daigo-3

緑の中に赤い弁天堂が映えて綺麗でした。
紅葉の季節も素敵だろうなぁ~。

池の周りを散策できて、橋を渡ることもできます。
なんだかとっても気持ちよかったです~

2011daigo-8


んで、お腹がすいたので弁天堂のすぐそばにあるお店に入りました。

2011daigo-5
にしん蕎麦と、

2011daigo-6
湯葉うどん。(くるくる巻いた湯葉が入ってます)

ご飯とごま豆腐もついてて結構ボリュームあります。
美味しかったです♪

お腹もいっぱいになったので、次のお寺、西本願寺へ向かいました。

本堂(阿弥陀堂)。 ううーん、でかい…
親鸞聖人750回大遠忌法要ということで、境内には白いテントがあったり、
なんだかいつもと違う様子なのかなーって感じでした。

2011nishihonganji-1
(ちなみに、私たち一応門徒であります。)

唐門。国宝だそうです。

2011nishihonganji-2

写真は遠目なのでちょっと分かりにくいですが、ものすごい細工と、鮮やかな色彩。
思ったより大きくはなかったです。


さて、ここで楽しみにしていたのが、通常非公開の『飛雲閣』と『書院』の見学です!

特別公開されることもあるらしいのですが、その時期でなければ、
事前に予約申し込みをして、見学することができます。
(1日に2回のツアー)

鍵のついた門をギギギと開けて、お庭(滴翠園)へ入ると、国宝・飛雲閣が。

ほんとに面白い建物です。
残念ながら写真撮影は×なのですが、ガイドさんから説明を聞きながら、
ゆっくり見ることが出来ました。
中には入れません・・・ 年に2日、入ることができるときがあるらしいのですが。
ぜひ一度入ってみたいですねー。


そして、書院へ。

2011nishihonganji-3

ここの中は国宝に指定されている鴻の間、雁の間、菊の間、白書院、黒書院、北能舞台や、
重要文化財に指定されている南能舞台と、見どころ盛りだくさん。
(もちろん撮影禁止…)

ほんとに眼福でした。。。素晴らしいです。


面白かったのは、八方にらみの猫がいる天井。
書院の中に、天井にいろんな書物が描かれた場所があるのですが、
書物をかじるねずみを退治するために、1匹だけ猫が描いてあるのです。
こういう洒落、いいですよね~^^
(詳しくは → コチラ

写真が撮れなくてほんとに残念ですが、とても楽しかったです。

00:19  |  関西  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

私、桜の醍醐寺行った事あるんですよ♪
しだれ桜が綺麗だったのが印象に残っています。
確かに人は多かったけど、醍醐寺は境内が広かったので悪い印象は残ってないです。
お寺に続く砂利道にずーっと桜が咲いてたんですよねー。懐かしいなあ!

西本願寺は行った事はないのですが、
個人的にとても思い出のある寺院なのです。
親鸞聖人750回忌なのですね。

私も久々に京都に出かけましたが、
歳を重ねてから行く京都はまた良いなぁと思いました。
暮らしてたハタチそこそこの頃よりは
今の方がゆっくりと楽しんで見れるようになった感じです。

第一の目的とは何だったのでしょう?
楽しみにしています。^^




のっち |  2011.09.24(土) 18:11 | URL |  【編集】

★のっちさま

こんばんは!
おおお、桜の季節の醍醐寺に行かれたことがあるんですね!
うらやましい。。。

うちらは、京都の桜はリタイヤした後しか無理そうなんですよねー。
その年代の自分は何を感じるかなぁ。
それはそれで楽しみでもありますが。

思い出のあるお寺があるのは素敵ですね。
一度京都で暮らしてみたかったなぁ…。
pelota |  2011.09.26(月) 00:15 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://riopelota.blog73.fc2.com/tb.php/373-0148fce0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |