2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.09.28 (Wed)

京都2011 ③

高雄の最後は、高山寺。
鳥獣戯画で有名なお寺です。

2011kozanji-2

2011kozanji-3


金堂へ続く参道。

2011kozanji-8

金堂。

2011kozanji-7

開山堂。

2011kozanji-6


緑も綺麗ですが、紅葉も綺麗だろうなぁ…と思いながら歩きました。


石水院は国宝の建物で、中では、鳥獣戯画のレプリカをみることができました。
お抹茶の席もありました。

2011kozanji-4

この頃から、雨が降ったりやんだりになってきました。
雨に濡れる緑もきれいでしたけど。


お昼ご飯は高山寺の近くの、とが乃茶屋 で。
川床みたいな席で素敵でした。いい景色で、風もそよそよ~。

toganochaya-1

鮎の塩焼きや茄子の田楽がついたセットも美味しそうだったのですが、
昨日の晩ご飯とかぶってたし、お昼なので軽めに、天ざるそばととろろそばにしました。

toganochaya-2

toganochaya-3


お昼ごはんを食べて、バスに乗り次の目的地、平岡八幡宮へ。
山から下りたら、雨が降った形跡もなかったです。

hiraoka-1

空海が、神護寺の守護神として創建した京都最古の八幡宮。
ここでは、特別拝観となっていた花の天井を見に来たのでした。

拝観料を納めると、お神酒をいただきました。
そして、拝殿の中でしばらく待つようにと言われたので、
置いてあったアルバムなどをみながら待ってると、
本殿から宮司さんと数人が出てきて、私たちの番となりました。

いざ本殿へ~。

hiraoka-2

中で、花の天井をみることができ、宮司さんがここの神社のこととか、
椿のこと(ここは椿でも有名みたいです)とか、
いろいろと教えてくださったのですが、なかなか面白く、勉強になりました。

なんか楽しい宮司さんでした(笑)

終わった後は、梅干しの入った大福茶(?だっけ)をいただいて、終了。

古くて、いい感じの神社でした。

珍しい金魚みたいな葉っぱの、金魚椿。

kingyo

境内にはいろんな椿があるそうです。
お花の時にもきてみたいなと思いました。



そして、またバスに乗って、竜安寺へ。
何度か来てるはずだけど、お庭のイメージが強すぎるのか、
境内を歩いても、はじめてのような気持ちに…

結構広いんだね~なんて言って、dexにあきれられる私(笑)


そしていよいよ石庭へ。

ryoanji-2


つくばい『吾唯足知(ワレタダタルヲシル)』

ryoanji-3



さすがに竜安寺は人が多かった(笑)

ryoanji-1

1分でいいから、1人っきりで眺めてみたいものです。






23:19  |  関西  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

やっぱり京都はいいですねぇ~☆ 年に一度は訪れたい!
と言いながらもう10年近く行ってないですぅ~
鳥獣戯画、好きです! 鳥獣戯画柄の長襦袢持ってますぅ~
うわ~このお寺、ぜひ行ってみたいです。
お蕎麦を召し上がったお店もステキですねぇ~
川がきれいだ事☆
ゆず |  2011.09.29(木) 16:40 | URL |  【編集】

★ゆずさま

こんばんは!

鳥獣戯画の長襦袢があるんですか!?

今回高山寺で、夫のTシャツがほしかったのですが、
サイズがなくて断念・・・。
私は京都の国立博物館で買った小風呂敷と便せんを持ってます♪
鳥獣戯画かわいいですよね^^

ここの川は水が澄んでいて、本当にきれいでしたよ~。
夏に涼みにくるのもいいなぁと思いました。
pelota |  2011.09.30(金) 00:02 | URL |  【編集】

金魚椿、カンドー!
うちのダンナが椿好きなので教えときます!
kumi |  2011.10.05(水) 13:13 | URL |  【編集】

★kumiさま

椿が好きだなんて、素敵な旦那様だわ~!
ぜひシーズンに平岡八幡宮へ行ってみてください♪
いろんな椿があるんだって~。
pelota |  2011.10.07(金) 07:13 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://riopelota.blog73.fc2.com/tb.php/375-45881346

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |