2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.07.29 (Sun)

東京⑥ 晩ご飯。オーグードゥジュール メルヴェイユ

ちょっとフンパツして東京ディナー。
「オー グー ドゥ ジュール メルヴェイユ (Au gout du jour merveille)→  」へ
予約しておりました。

お店は予約で満席みたいでした。
外観もシンプル、店内もシック~。

20120715-1

まずはシャンパンをいただいて、アミューズ。
こちらをいただきながらメニューをゆっくり選んで…
ってことらしいです。


トマトのマカロンと白レバーパテ。
20120715-2

ブルーチーズとパイナップルのファーブルトン。
20120715-3


白ワインにしました。
20120715-4

ブドウの木の擬人化されたイラスト(って言ってたような・・・)

オードブルとお肉料理をアラカルトから選ぶことが出来るコースにしました。



一皿目のオードブル。


フヌイユのババロアとスモークサーモン パセリのクロロフィル
20120715-5

フヌイユ=フェンネル(ウイキョウ)
いい香りでさっぱり、スモークサーモンと一緒にいただくと
ほんとに美味しかったです。


タチウオと赤ナスのプレス(テリーヌ) タプナードと赤ピーマンのクーリ
20120715-6

赤ナスがおいしい~。

見た目も絵みたいで、ステキでした。

パン。
20120715-7

しっかりしていて、いい香りのパン。
2個目はハーブの入ったフォカッチャでした。


2皿目のオードブル

いさきのポアレ
20120715-8

カリッと焼いてあって、ソースがまた美味しかった。
付け合わせのお野菜とジャガイモのニョッキもよいです。

ブーダンノアールのガレット 燻製ジャガイモのピュレ シードルヴィネガーのガストリック
20120715-9

ブーダンノアールとは、豚の血の入ったソーセージ。
聞くとぎょっとするかもしれませんが、全然臭みもないし、
重すぎないし、このソースがまたよく合っていました。


お肉料理は、2人同じもの。

熟成銘柄豚のロースト 藁の瞬間燻製
20120715-10

ハンガリー産の“国宝豚”、マンガリッツァ豚。
柔らか~い。お味もいい感じでした。野菜も美味しい。


ワインがちょっと余ったのでチーズをいただきました。
ミモレット
20120715-11

それからデザートもそれぞれ選ぶことができるのですが、
その前に韃靼蕎麦のブランマンジェの上に塩アイスがのってるもの。

オリーブオイルがたらりん。
20120715-12

ドライフルーツがたくさん入ったケーキのサバラン(うろ覚え…)
20120715-13

温かいチョコレートのデザート
20120715-14

クッキー生地のケーキを割ると…
20120715-15


で、最後にさっぱりしたゼリー。スプーンの中の物体は、
ドンパッチみたいな飴でして、
ゼリーと混ぜると、ぱちぱちシュワシュワ~
20120715-16

お食事って、お味だけでなく、
その時間がいかに心地よかったか、っていうのが
大事だなぁといつも思うのです。

こちらはお店の雰囲気はリラックスできる感じで、
お料理は遊び心があってもちろんお味は美味しいし、
ゆっくりお食事を楽しむことができました~♪


帰る時はシェフの方もお見送りしてくださって、
フィナンシェとくるみのお菓子のお土産もいただきました。


福岡にもお店があるみたいなので、そっちにも行ってみたいなー。


08:16  |  外ご飯  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

フェルメールの絵を見に行かれたのもうらやましいですが、こちらのディナーも素敵~!!
かなり洗練されてますよね♪
私も久々に東京に行きたいなぁ~^^
みゃうみゃう |  2012.07.30(月) 20:34 | URL |  【編集】

★みゃうみゃうさま

こんばんは~。

えへへ、フェルメールやディナーなど、
ちょっと贅沢な旅行でした~~

ほんと素敵なお店でしたよ♪
pelota |  2012.07.31(火) 22:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://riopelota.blog73.fc2.com/tb.php/475-141cc626

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |