2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2012.09.11 (Tue)

花巴

花巴 (はなともえ)

五百万石 山廃純米吟醸生原酒 
水もと純米 山田錦 無濾過生原酒

2012hanatomoe-1

奈良の蔵元さん。

水もとという手法で醸されたお酒は初めて。
山廃と飲み比べてみることにしました。

さて、その「水もと」ですがどういうものかというと。

「奈良発祥の手法で、そやし水と言われる、生米と炊いた飯から造られる乳酸を
酒母に添加する事によって酒母を育成する方法」 だそうです。

現在の速醸もと仕込みの原型とも考えられているとのこと。


なんだか頭がこんがらがってきたので、整理すると
こんな感じなんだろうか・・・。


※酒母(しゅぼ)造り

速醸・水もと 乳酸を添加 
きもと    自然の乳酸菌


※添加する乳酸

速醸  自然の乳酸菌を使わず化学生成された薬品系乳酸
水もと そやし水と言われる生米と炊いた飯から造られる乳酸

(もし間違ってたらご指摘お願いします…)


で、色はこんな感じ。

2012hanatomoe-8

水もとのほうは、なんだか赤みがかかっていて、びっくり~。

山廃のほうは、最初にしゅっと酸を感じ、そのあとお米の旨味がじんわり。
で、余韻が長い。って感じのお酒でした。

一方、水もとは口に入れた瞬間甘みというか、甘酸っぱい感じ。
面白いです。

で、この日のお料理。

☆お刺身(こち)
☆白ゴーヤの梅酢あえ
☆モロヘイヤのにんにく炒め
☆カボチャの煮物
☆いちじくの揚げだし
☆とうもろこしのかきあげ・エビ天

2012hanatomoe-6


白ゴーヤの梅酢あえ

2012hanatomoe-2

白いゴーヤなので梅酢のピンクが綺麗に出ます。


かぼちゃの煮物。

2012hanatomoe-5

実家の畑でとれたもの。柔らかくてほっくほく~


念願の、とうもろこしのかきあげ。

2012hanatomoe-4

見た目が残念ですが、甘くて美味しかった~


いちじくのあげだし。

2012hanatomoe-3

これまた見た目が残念な感じですが、
皮をむいたまるごとのいちじくをあげだしにしました。

2012hanatomoe-7

むふふ、美味しいですよ~♪


これらの揚げ物が、特に山廃とは相性ぴったりでした!


22:11  |  日本酒(その他)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://riopelota.blog73.fc2.com/tb.php/491-165e90bc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |