2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2014.05.11 (Sun)

滋賀・京都旅行 ①

5月の連休は、関西方面へ出かけました。

京都から在来線に乗り換えて滋賀へ。

石山駅からは京阪電鉄に乗ったのですが、
なんかあやしい?電車…(笑)

P1060394.jpg

石山ともかちゃん(この女の子の名前)と一緒に、まず石山寺へ向かいました。

P1060397.jpg

大きいです~


P1060401.jpg


つつじの赤と、桜や青紅葉の新緑がとっても綺麗。


石山寺はその名のとおり、石がごろごろしてました。

P1060424.jpg

P1060405.jpg

本堂。

P1060408.jpg


石山寺は、『蜻蛉日記』『枕草子』『和泉式部日記』『更級日記』などにも登場し、
紫式部は石山寺参籠の折に『源氏物語』の着想を得たとされています。

…というわけで、紫式部さんもいらっしゃいます。

P1060409.jpg


そんな昔から、こんなに大きくて立派な建物があったんだなぁ~

境内は広くて、緑が多くて、とても気持ちよかったです。

P1060411.jpg



さて、お昼ごはん♪

P1060426.jpg

琵琶湖名物のシジミの釜飯セットです。
お寺のすぐ近くの、「志じみ茶屋 湖舟」さんにて。

志じみ釜飯と赤だし、近江のおばんざい5品がついたセットです。

<近江のおばんざい>
・近江牛と永源寺赤蒟蒻のしぐれ煮
・棒だらと里芋の炊き合わせコロッケ
・シジミ時雨煮
・川えびとお豆さん「えび豆」
・丁子麩と胡瓜の酢味噌あえ

美味しかった~♪♪



次は義仲寺(ぎちゅうじ)へ。

P1060434.jpg

木曽義仲と松尾芭蕉のお墓、巴塚やたくさんの句碑があります。

P1060445.jpg

芭蕉辞世の句「旅に病んで夢は枯野をかけめぐる」の句碑

P1060439.jpg

こじんまりした、静かで落ち着くお寺でした。



再び京阪電鉄に乗り、本日ラストのお寺です。

三井寺。(正式には、長等山園城寺というのだそうです)

P1060466.jpg


良い眺め。
琵琶湖も見えます。

P1060452.jpg

ここで、休憩~♪

P1060453.jpg

石山寺の参道にあった、お店(「茶丈藤村」)で買っておいた、
「たばしる」っていう大福っぽい和菓子♪

芭蕉が石山寺に詣でた際の句
「石山の石にたばしる霰かな」にちなんだ名だそうです。

中は普通のあんこじゃなくて、柔らかく煮たお豆とくるみ。
甘過ぎず、食感も楽しくて美味しかったです。


広々として、緑がいっぱいで心地よいお寺でした。

灌頂堂(左)と三重塔(右)
P1060456.jpg

一切経蔵。

P1060459.jpg

国宝の金堂。

P1060460.jpg



人もそんなに多くなかったし、のんびりできました。

P1060461.jpg

有名な三井晩鐘。鐘楼も立派です。
鐘をつくこともできます。

鐘といえば、こちらも有名な弁慶の引き摺り鐘。

__ (5)

詳しくはこちらのサイトへ→ 三井寺-伝説



…そして、三井寺にはなんと専属?のゆるキャラまでいました。

__ (3)

「べんべん」くんです。

…法螺貝も吹けます(笑)




22:14  |  関西  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://riopelota.blog73.fc2.com/tb.php/657-6a51123b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |