2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015.07.16 (Thu)

パン屋さん♪ Boulangerie Chez GEORGES

先日のお酒の会で大きなパンを持ってこられていたパン屋さんのお店へ、
やっと行ってきました。

image1 (400x300)

Boulangerie Chez GEORGES (ブーランジュリ シェ ジョルジュ)
4月にオープンされていたのだそうです。

お店はとっても清潔感があってこじんまり。

image2 (400x300)

image3 (400x300)

どれも美味しそうで、お腹が3人分くらいあればいいのに・・・と思いました。
同じ市内なんだから、いつでも来れるはずなんだけど、ついつい買いすぎました^^;

パンを買い込んで公園で朝ごはん♪

梶谷さんの野菜サンドと、パテカンサンド。

image4 (300x400)

野菜サンドは、注文してから具をはさんでもらいます。
味付けは、お塩とオリーブオイルくらいの、シンプルなもので、
パンと野菜、両方の美味しさを堪能できます。

パテカンサンドは、具のパテ(手作り)が贅沢に分厚く(→若干食べにくい)、
ピクルスとマスタードがきいていて、これはワインと一緒にいただきたい…
美味しすぎー♪

ポムドテール

image5.jpg

ジャガイモのパン。
写真を撮る前にかぶりついてしまったdex…笑
もちもち。上には岩塩がのっています。

ヴィエノワショコラ

image6 (300x400)

チョコチップがたーっくさん入ってます。

こんなに食べられるかなーと思ったけど、
美味しくてパクパク食べてしまいました。


で、また別の日に買ったパンたち。


マンテシトロンとパンオレザン

image8 (400x300)

マンテシトロンはレモンピールがきいていて、すごくさわやか!夏向きです☆
生地ももちもちで好み♪
パンオレザンは、クロワッサンの記事にカスタードとレーズンが巻き込んであって、
つやつやさくさく。

この3兄弟?は、順番が怪しいですが、
(左から)ノアレザン、アグリュム、パンオフィグ

image7 (400x300)

ノアレザン…クルミとレーズン
アグリュム…オレンジピールとレモンピール、ベリーも♪
パンオフィグ…いちじく

生地もけっこうもっちりで、香りもよくて、ほんとに好きでした。
素敵なパン屋さんができてうれしいなー。

Boulangerie Chez GEORGES  → ☆☆☆

21:44  |  おでかけ  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

Comment

ジョルジュ

このパン屋さん、大ファンです~!
ウチから近いのもあり、
結構週一で行ってるかも^^
ワイン飲みの私達にとってはハードパンが多いお店は助かります!
pelotaさん&掛井さんとも繋がっているのですね~。
今度行ったらお話ししてみようかな♪
みゃうみゃう |  2015.07.17(金) 21:46 | URL |  【編集】

本当にうまそう!こちらでもどこかないか研究してみようかな。話は変わりますが、そもそもお茶とか飲まないんだけど50前まで紅茶党だったのが、とあることでコーヒーってこんなにうまかったのかと。気付かせてくれたカフェは震災後しばらくして閉店。昨年末偶然入った珈琲屋に通ってます。やたらこだわったマスターの話を聞きながらウィスキーを飲み比べるような感覚で行けば二杯飲みます。といって味が分かっているかは???
LA-SE3P |  2015.07.18(土) 21:14 | URL |  【編集】

☆みゃうみゃうさま

近所だなんて、うらやましいー!
うんうん、こちらのパン、ワインがほしくなりますよね~

ジョルジュさん、私らのことは多分ご記憶にないと思いますが(パンを買うときもこっそりだし・・・)、掛井さんのことはお話されてみてください~!
pelota |  2015.07.20(月) 22:10 | URL |  【編集】

☆LA-SE3Pさま

LA-SE3Pさんがコーヒーに目覚めた「とあること」が気になりますー!笑
テレビで、大阪(だったかな)の、ものすごーいこだわりのマスターのお店のことをやっていて、奥が深いんだなーと思いましたが、(おちょこ1杯分くらいのコーヒーがウン千円とか)LA-SE3Pさんもはまりつつあるんですね!
コーヒーといえば、週末に妹がいれてくれたコーヒーが、なんか美味しかったです。(チーズケーキと合うなぁv-238って・笑)

pelota |  2015.07.20(月) 22:25 | URL |  【編集】

いわゆる喫茶店ってあまり最近見かけないでしょう?わが町は田舎だからか特に見かけないし。かといってスタバとかも無かったり。もっともコーヒー飲まないから尚更気付かないだけだったかも。「とあること」って別段なんてことないんです。歩いていける近くにカフェができて、手作りのチラシがポストに入っていて、これは面白いと思って行ってみたのがきっかけ。たしか紅茶もあったような気もしたがなぜかコーヒーを飲む。そこのコーヒーは今考えるとちょっとあっさりし過ぎな気もするけれど、50年近く生きてきて本当においしいと思った。(ただし、自分の中で一番おいしかったのは、子供にコーヒーコーラは厳禁といわれたあの時代に叔母が内緒で作ってくれた限りなく薄いミルクコーヒーだけど)缶コーヒー買うのが馬鹿馬鹿しくなって通常は水飲んでそこに行こうと思った。スゥイーツが売りで当方には行きにくい店だったけどコーヒーに釣られてできるだけ行くようにしてた。立地が良くないと思われたので心配だったり。震災で店の中はガチャガチャになったらしい。震災後しばらくして再開したときに行ったら、こんなときに来ていただいてありがとうございますと言われて、募金とかも大事だけど地元の気に入った店に行くのもありかなあとか思った。話は変わるけどあのころはガソリンも無くみんな自転車や歩きで買出し。今考えるとガンガン被曝してたと思われ。その後閉店。熱は冷めてしまったけれどもう缶コーヒーは飲めなくなってた。昨年末スタッドレスタイヤに交換しようとタイヤ屋さんへ行ったら大混雑。待たされている間に近所をうろついているうちに、単にコーヒー豆を売っているだけだと思ってたお店で飲めることがわかって入ってみたのが今のコーヒーがマイブームのきっかけ。顔を覚えてくれたので試飲させてもらったりするのだけど、氷だしコーヒーとかびっくりなおいしさです。でも本当に良い豆をしっかり焙煎して沢山使って一晩でほんのちょっぴりしか取れないとからしい。お猪口一杯うん千円。あり得るな。香りを楽しむためにワイングラスで、とか言っているし。本当に奥が深い。あまり深入りしないようにしないと。まあ、ものぐさな当方ではそうはならないだろうけれど。でもそこの店のカップオンドリップを買ってみて、結局調理用の温度計を買うに至る。沸騰したお湯でいきなり入れるとうまくないと言うのを痛感したので。←やっぱりかなり危ないな(笑)
LA-SE3P |  2015.07.21(火) 00:28 | URL |  【編集】

LA-SE3P さま

コーヒーをいれるために温度計って…、もうどっぷりですね・笑
でも、沸騰したお湯はNGなんですね。(いつもコーヒーメーカーでいれちゃってる我が家です)
水出しコーヒーは聞いたことあったけど、氷出しコーヒーとは。
今からの季節よさそうですね。
コーヒー好きへのきっかけ、面白かったです。
どこに縁が転がってるか、出会いってほんとに不思議ですよね~。
なんにしても、美味しく思えるものが増えることは幸せだと思います♪


pelota |  2015.07.23(木) 21:27 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2015.07.24(金) 17:37 |  |  【編集】

前回は長すぎのコメントでごめんなさい。たしかにおいしいと思うものが増えるのは良いですね。で、沸騰の話。マスターに言わせると、手を突っ込んでやけどする温度からは熱湯だ←当たり前と言えば当たり前。コーヒーのうまみは甘みだそうです。お願いすると50℃でじっくり入れてもらえます。沸騰したやつでさっさかやると、雑味が出てうまくないらしい。そこのカップオンドリップも80~85℃で入れろと。確かにただ苦いだけとかになるような気がする。おいしいものはやっぱりスローなんですね。だけどいろいろスローにするには独身ではきついっつーかつまらんのでできない・・・・やっぱりものぐさなんだなあ。徐々に改めたいなと(笑)
LA-SE3P |  2015.07.24(金) 23:52 | URL |  【編集】

LA-SE3Pさま

いえいえ、長いコメント嬉しいです!
コーヒーも熱すぎないお湯がいいんですね~。
お茶と一緒ですね。。。
確かに、美味しいものはスロー。。。
早くて便利もいいけど、できるだけ丁寧に暮らしたいなと。
pelota |  2015.07.26(日) 20:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://riopelota.blog73.fc2.com/tb.php/755-eb3814e5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |