2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016.01.18 (Mon)

瑞冠

あっという間に、もう1月も後半ではないですか…
というわけで、やっと今年初のお酒の紹介です。

瑞冠(ずいかん) 純米生原酒 山田錦70% 生もと
大和屋酒舗オリジナル

P1100394 (300x400)

「2014年度醸造、生もと酒母により重厚で奥深い味わい、豊かな旨味のしぼりたてそのままに瓶詰め」された
お酒だそうです♪(ラベルより)

華やか~って感じではないですが、しっかりしていて、燗にしたほうが香りも旨みも広がって、
豊かに飲みやすくなりました。

スーパーで〆サバOKの鯖があったので、久しぶりにガッテン〆サバの晩ご飯。

☆〆サバ
☆ブロッコリーとあおさの和え物
☆白い肉じゃが
☆スライスチーズとほくほく大根のミルフィーユ

P1100402 (400x300)

ガッテン〆サバ。
簡単なので、いつもこれです。

P1100396 (400x300)

(ちょっと皮はぎが雑ですが…)
すごい脂ののったサバでした。
あんまり酸っぱくないのが好み。


ブロッコリーとあおさの和え物

P1100397 (400x300)

ブロッコリーと岩のりを和えているのをどこかで見つけて、
あおさでまねしてみました。
ごま油(と石垣島ラー油も少し)と塩で味付けするのですが、
かなり気に入りました。


白い肉じゃが

P1100398 (400x300)

お醤油はほんの少し、塩麹を使った肉じゃがです。
お肉も柔らかいし、ウマウマです。



スライスチーズとほくほく大根のミルフィーユ

P1100399 (400x300)

コンソメ味の大根の煮物をチーズで挟んでレンジでとろけさせ、
とろみをつけた煮汁をかけていただきます。
またもや、焦がし白ネギが残念な感じに…^^;

さらに、全体の写真を見たら分かるのですが、1コは傾いて雪崩みたいになっちゃいました^^;


それにしても、暖冬暖冬って言ってたのに、ほんとに寒くなりましたね。
今週は雪が降るかもだし。
ますます熱燗が恋しくなりますね~。







20:28  |  日本酒(広島)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.12.09 (Wed)

西條鶴 純米プレミアム13

12月になっても、暖かい日が多いですね。

仕込み水を汲んだついでに、西條鶴さんの蔵をのぞきました。


近くで見ると高~い煙突。

IMG_3573 (300x400)

背後にハクボタン(白牡丹)の煙突も見えてますね。

大きなたらい。

IMG_3574 (400x300)



で、ついでに試飲などもして、お買いあげしたのがこちら。


西條鶴 純米プレミアム13

P1100296 (375x500)

ラベルが素敵~。
「13」はアルコール度数。
通常の度数より低いですが、これで原酒。
度数が低い分、確かに軽いですが、
ちゃんとお米の香りも旨みもしっかりします。


お料理は、

☆しめさば(自家製じゃありません)
☆スティックカリフラワーとルッコラのサラダ
☆かぶ煮物
☆ブロッコリーとレンコンのストウブ焼き
☆赤てん
☆銀杏

P1100333 (500x375)

スティックカリフラワーとルッコラのサラダ

P1100334 (500x375)

スティックタイプのブロッコリーはよく見ますが、
スティックカリフラワーは初めてでした。

P1100332 (500x375)

こんな感じで、お花みたいでかわいい。
生でぽりぽり美味しくいただけます♪


かぶと鶏ミンチの煮物。

P1100335 (500x375)

もう少しとろみをつけたかったな。


赤てん。

P1100337 (500x375)

赤てんは、島根県浜田市の名物。すごい色・・・
魚のすり身に唐辛子が入ったものにパン粉をつけてあげたもの。
可愛い見た目ですが、辛い~。
でも、お酒にはよく合う~


燗もいけました。ていうか、燗のほうが美味しかった。
度数が低いからか、あっというまにするする飲めちゃいました。


23:13  |  日本酒(広島)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.11.03 (Tue)

賀茂金秀 特別純米酒 秋の便り

賀茂金秀 特別純米酒 秋の便り

P1100150 (300x400)


ひやおろしの秋の便りは、いつもの賀茂金秀とはちょっと趣が違って、
燗もいけそうな、旨みを感じるお酒で、一番楽しみにしているお酒です。

先月の酒まつり()で買うことができたのですが、
一升瓶だと、ラベルがないと言われ(笑)、四合にしました。

料理は…

☆お刺身(鰺)
☆春菊のごま和え
☆ハヤトウリのベーコン炒め…パパイヤイリチーもどき
☆かぶと湯葉の煮物
☆サツマイモと栗の酒粕グラタン

P1100157 (400x300)


うちのとこでは、産直市でしかみかけない「ハヤトウリ」

もこもこした、ずっしり重い野菜(画像はコチラへ→)で、
いつもは皮をむいて、スライスして半日ほど干してハリハリ漬けにしてたのですが、
なんかパパイヤ(野菜のほう)に似てるなーと思い、
パパイヤイリチーもどきの炒め物にしてみました。

P1100152 (400x300)

見た目は、結構似てる!笑

さすがにパパイヤのあの香りはないのですが、
食感といい、なかなか近いものができました!

もりもり食べられていい感じ♪
また作ろうっと♪

かぶと湯葉の煮物

P1100151 (400x300)

湯葉は京都のお土産で買ったもの。
だんだん煮ものが恋しくなる季節ですね。

サツマイモと栗の酒粕グラタン

P1100154 (400x300)

小さく切った鶏肉のソテーも入っています。
グラタンというか…酒粕クリーム(酒粕を豆乳でのばして塩胡椒)をのせて
焼いただけですが^^;

ボリュームありすぎかなと思ったけど、
なんかお酒に合って、ちびちび食べてたら二人とも完食してしまいました。


やっぱり四合じゃあっという間になくなっちゃうーー!!


22:49  |  日本酒(広島)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.04.30 (Thu)

旭鳳

旭鳳  純米吟醸 「一歩一歩」

P1080697 (300x400)

広島県産雄町。

そして、
杜氏の気合 122%
(笑)ラベルにそう書いてあります・・・・
これは楽しみだ!!

そして、このラベルの絵。
いつもお世話になっている酒屋さんのお母様が描かれたもの。
お人柄がにじみ出ている、温かい絵です^^

この日はちょっと暑い日で、冷でいただきましたが、
雄町らしい旨みもあり、きりっとしたところもあり、進んでしまうお酒でした~

で、この日のお料理

☆トマトとルッコラのサラダ
☆お刺身
☆もずくのオムレツ
☆小鯵の南蛮漬け
☆豚肩ロースのソテー 新玉ねぎのソース
 
P1080703 (400x300)


南蛮漬けは、前日の晩御飯の残り^^;

P1080700 (400x300)

なので、新玉ねぎもしみしみでウマウマでした。


もずくのオムレツ。

P1080698 (400x300)


盛り付けがナンですが、
豚肩ロースのソテー 新玉ねぎのソース

P1080701 (400x300)

すりおろした玉ねぎと調味料のたれにお肉をつけて、焼きました。
ジャガイモ星人のdexのために、しりしりしたジャガイモのガレットも。
もう少しこんがり焼き目がつけばよかったな、


さて、「一歩一歩」ですが、後日燗にしてみたら、
冷のときにはない香りがふわわんと立ち上ってきて、
これまたおいしかったです~






22:26  |  日本酒(広島)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.11.04 (Tue)

白鴻 純米吟醸 ひやおろし

白鴻 ひやおろし 秋の宵

P1070885 (400x300)

盛川酒造 広島雄町 

先月の酒まつりの時に、いつもの酒屋さんのとこに出張(?)で来られていて、
試飲して美味しかったので買ったもの。

冷・燗両方試飲したのですが、燗がとってもよくて。
ゆっくりお家で飲みたいなぁと。

お料理は、

☆お刺身 白みる貝
☆焼きピーマン
☆マコモダケ炒め
☆冬瓜と鶏肉の煮物
☆蒸し京芋(海老芋)の田楽みそのせ
☆枝豆

P1070892 (400x300)

時期が終わる頃になって、やっとマコモダケ料理ができました。

マコモダケは、

P1070884 (400x300)

こんな野菜で、去年初めて食べて気に入ったお野菜です。
(去年の記事は→コチラ

シンプルにベーコンと炒めました。

P1070888 (400x300)

柔らかくしゃきしゃきした歯ごたえがいいし、1年ぶりに食べて、
やっぱりおいしいねーといただきました。

冬瓜と鶏肉の煮物。
お出汁をしっかりきかせて、冬瓜を柔らか~く。

P1070887 (400x300)


蒸し京芋(海老芋)の田楽みそのせ

P1070890 (400x300)

結構大きな京芋(海老芋)だったので、輪切りにしてほっくりと蒸し、
ゆずをきかせた田楽みそをのっけて♪


燗のお酒といただくと、なんかしみじみ美味しい~って感じがしました。

この秋の宵、燗にすると、ほんとに花が開くように香りがたって、
とってもいい気分で飲めたのでした。


23:35  |  日本酒(広島)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT